シャンデリアをお探しの方必見!厳選6サイト

HOME > シャンデリアの豆知識 > クリスタルシャンデリアの主な特徴と表現の豊富さ

クリスタルシャンデリアの主な特徴と表現の豊富さ

 シャンデリアと言いますと、一般的に考えてロウソクを灯すフレームに対してたくさんのクリスタルガラスが取り付けられている種類を多くの方がイメージすることが考えられます。
しかしながら、ペンダントランプのシャンデリアにおいては、クリスタルだけにより作り出されたバリエーションも見つけることが可能です。
クリスタルだけを取り入れてフラワースタイルの照明となっていることとなります。
これについては玄関並びにトイレなどとても狭いスペースにおいても映えるワンポイント照明ということで利用価値が高いです。
ペンダントライトタイプにつきましては、手作りシャンデリアという形でも人気を博しているのですが、クリスタルを繋ぎ合わせたのみのシンプルデザインが一番支持されている形式となっています。

 数多くのクリスタルをどういったやり方で結び合わせるかによって、受ける印象が大きな変化を見せるのがシャンデリアのアピールポイントと考えられます。
飾り気のないタイプでは、壁に付けるだけのブラッケット、求め易いペンダントライトもしくはデスクライトなどのほか、天井サイドから吊り下げて煌びやかに照らすシャンデリアについても市場に売りに出されています。
シャンデリアのクリスタルの組み合わせを差し換えるだけで、完全に異なったデザイン性の照明にイメージチェンジすることも不可能ではありません。
アンティークタイプにおいては、壊れていない部位のみを取り外しそして、リサイクルのパーツという形でアレンジしたり、或いはアクセサリー等にアレンジするといった活用の仕方もお勧めできます。

 クリスタルシャンデリアのガラスと一言で言いましても、バラエティーに富んだ色がありますし、その細工のメソッドや活用され方によっても光の出方に関しては大きく変化してきます。
透明の種類を多様に細工した種類では、あまり多くない電球であっても光を非常に強く反射し、まばゆい輝きを提供します。
それに対して、ロウソクタイプについては下側に向かってクリスタルが組み込まれていることから、明るさより飾りつけの意味合いが非常に強くなっています。
それに加えて、照明という形だけでなく、クリスタルパーツを結び付けたものを窓辺へと吊り下げればサンキャッチという形で輝きを思う存分楽しむことも可能になります。
その上、ブラッククリスタルにおいては光を通さないでイリュージョン的なシルエットを浮き立たせ、オリジナル性の高いムードを表現する事が可能です。

次の記事へ