シャンデリアをお探しの方必見!厳選6サイト

HOME > シャンデリアの豆知識 > シャンデリアの主な特徴と特長的な種類

シャンデリアの主な特徴と特長的な種類

 シャンデリアとは、光源をサポートする為の腕木がいくつかあるそして、天井より吊り下げる種類の照明器具になります。
タイプとしてはペンダントライトと一緒のようなものでしょう。
元来は中世ヨーロッパの初期に教会並びに修道院で採り入れられており、光源をロウソクという形でいくつか立てられていました。
次第に今のような飾られたシャンデリアが普遍的になってきています。
18世紀になってガラス製作業の進化によって鉛ガラスが安い費用で製造されるようになり、光を散らす反射性のとても高いガラスを使ったシャンデリアが一世を風靡するようになっていきます。
近頃ではガラス製シャンデリアに関しては高価になっていますが、普通の家庭でも使えるような安い金額で軽いアクリル製の登場により手が届きやすいようになっています。

 ガラスもしくはクリスタルを使ったシャンデリアについては、安い金額で購入可能なアクリル製のシャンデリアとは違う綺羅びやかでラグジュアリーなムードを演出することが実現可能です。
自明のことですが値段も高くなりますが、部屋を煌びやかにしたい場合、ハイクラスなシャンデリアの右に出る照明機器はないといえるでしょう。
本格派のシャンデリアを取り扱う場合、注意しなければいけない要点は重さです。
ガラスもしくはクリスタルを用いたシャンデリアはとても重いです。
原則としてシャンデリアの設置を考えた建築物ではない場合、工事が求められます。
設置に関してとても難しい照明機器ですが、取り入れた状況の部屋のムードは別の照明機器では実現できない綺羅びやかさやラグジュアリーさを演出できます。

 本格派のシャンデリアの中にあってもとりわけ注目を集めているのが、特徴のあるカット加工によりダイヤモンドにも匹敵する輝きがある製品があります。
いうまでもなく高い価格だけあってアクリル製のシャンデリアとは比較にならない程の輝きを持っていて、ハイクラスなシャンデリアを組み入れようと感じているなら積極的に選択肢の一つに入れたい照明機器と言えます。
加えて、値段の張る上に重く、設置には原則として工事が必要不可欠となってしまう本格的なシャンデリアとは異なって、安い金額で設置といった導入がシンプルなので人気になっているのがアクリル製シャンデリアになります。
賃貸のマンションなどに対しても設置されていることが多くあるシーリングが利用することができる程の重さのものも増加してきていることから、手を煩わせることなく設置できることが魅力です。

次の記事へ